大嶋屋恩田 六代目 恩田 修

大嶋屋恩田 六代目 恩田 修

○-------------------------○
提灯のご相談から作成まで、私共で手がけております。手描提灯専門店だから出来る事。
今日まで培って来た技術と経験をもとに、大嶋屋恩田ならではの接客・ご提案をさせて頂きます。

カレンダー

2017年5月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

※赤字は休業日です

営業時間
平日:9:00~18:00
土曜:9:00~17:00

和紙提灯 特殊型

藤市(七五)提灯

色や文字を選んで自分だけのオリジナル提灯を作成

藤市(七五)提灯

江戸時代、おいらん道中の先導に使われていました。
形は小田原型提灯に似ていますが、棒で支えているため置くことができます。

お見積り

お見積りフォームはこちら

セミオーダーネット注文 サイズをクリックしてください

  サイズ 展開サイズ
藤市(七五)提灯 33Φ × 60cm

提灯のお値段はサイズをクリックした後に記載がございます。

> サイズの採寸方法(見方)はこちらをご覧下さい。
(サイズは目安です。計り方によっては多少異なります。)

江戸時代の特殊型提灯


大嶋屋恩田からのお勧めご提案


① 屋内での使用が基本ですが、防水加工により外からの雨水に強くすることもできます。
  和紙提灯の防水加工はこちらをご覧下さい。

② ローソクの代わりに、電池や電球の灯りもございます。
   ちょうちん安光(LED使用)などはこちらをご覧下さい。

③ 提灯の張替えも可能です(特殊型など一部の提灯は除く)。
   詳しくはこちらのQ15をご覧下さい。

④ 大型提灯は太骨と呼ばれる骨を使って作成します。
   骨の違いはこちらをご覧下さい。

藤市(七五)提灯の作成例

和紙 藤市(七五)提灯の作成例をご紹介しています。
江戸時代、おいらん道中の先導に使われていました。
棒で支えているため置くことができます。


藤市(七五)提灯1 藤市(七五)提灯2 藤市(七五)提灯3 藤市(七五)提灯4
藤市(七五)提灯5 藤市(七五)提灯6    

お電話にてご相談下さい。03-3841-2691

お見積り・ご注文は、下記4種類で承っております。

お見積りフォーム
お見積り専用フォームをご利用ください
> お見積りフォーム
FAX見積り
FAX用紙をダウンロードしご記入の上、ご送信下さい。
> FAX用紙ダウンロード
FAX番号:03-3841-2619
セミオーダーネット注文
商品ページより、ご利用いただけます。
> ご注文方法
> セミオーダーネット注文
ご来店
営業時間内にご来店ください。
> 営業時間・アクセスマップ

お電話でのご注文は、承っておりません。
( 文字などの描き違いを防ぐため、ご協力をお願いします。 )